河原城風土資産研究会
〒680-1242
鳥取県鳥取市
河原町谷一木1011
TEL: 0858-85-0046
FAX: 0858-85-1946


今日: 388
昨日: 339
このページ: 79

合計: 172,865

河原城だより

-スピリチュアル・バスツアー 「古事記ゆかりの地と神社めぐり」  開催しました!!

2012年12月23日

11月18日(日)にスピリチュアル・バスツアー 「古事記ゆかりの地と神社めぐり」を開催しました!去年の「神話のふるさとバスツアー・古事記と八上姫をたずねて」、今年6月の「河原歴史浪漫-神話の里を訪ねて-」に続く古事記の旅・第3弾です。

今回はツアー前日までの天気がかなりの荒れ模様で、急遽コースを変更するという事態に…。当日もどうなることやら…と心配していましたが、土砂降りになるようなことにはならず ホッとひと安心(*^-^*) 風が冷たく雨もパラつく中でしたが、参加者のみなさんの温かい心に支えられながら無事終了しました。

それでは、その時の様子を少しだけご紹介します♪

バスツアーの週はずっとお天気が大荒れで、やっぱりこの日も雨が降ったりやんだりの生憎のお天気でした。霊石山(れいせきざん)の登山はあきらめて、河原城の展望台から御子岩(みこいわ、別名:御冠岩[みかんむりいわ])をご案内。

 

 

 

 

 

霊石山に伝わる天照大御神(あまてらすおおみかみ)の降臨伝説や御子岩の話など、古事記ゆかりの神話伝承のお話しを聞いていただきました。

そして、やっぱり売沼(めぬま)神社は外せませんよね。恒例のスタッフによる手水舎と拝礼の見本実演のあと、参加者の皆さん全員で参拝。今日の八上比売(やかみひめ)さんへのお願い事は「いいお天気にしてください!!」でした。そして、これも恒例となった『祓詞(はらいことば)』(神様と交流するための詞 の奏上を皆さんと。

 

 

 

 

 

対岸の嶽古墳(だけこふん:八上比売の墓と伝わる)の話や神社の由緒、「売沼神社七不思議」のうちのいくつか、などなどのお話をしていると「あっ」言う間に1時間経過!バスに乗り込んで次の目的地へ出発する頃にはナント少し空が明るくなり始め、八上姫公園も散策することができました。さすが八上比売さん(*≧∀≦*)

 

 

 

 

 

さて次は、八十神(やそがみ)たちから逃れるため大国主命と八上比売さんが手に手を取って駆け上った坂道を、私たちはペコペコのお腹を抱えて「よっこらしょ」っと登って、お待ちかねの昼食タイムです。湯谷温泉の「せせらぎ食堂」の打ちたてのあったか~い蕎麦定食を御馳走になり、参加者の皆さんも楽しくおしゃべりの花が咲きました。。

 

 

 

 

 

午後から最初の訪問地は、古事記・日本書紀に記述がある「三輪山(みわやま)型説話」が由来の「牛戸三枚岩(うしのと さんまいいわ)」です。「昔、長者の娘のもとへ毎夜通ってくる男がいました。朝になる前に帰っていく男の素性を知ろうと娘は・・・」この続きは河原城にて!!

 

 

 

 

 

続いて多加牟久(たかむく)神社では、手水舎や参拝の作法をしっかりマスターした皆さんはお参りもスムーズ。ここでは、逃げ込んだ大国主命と八上比売さんの後日談や、時代を経た もう一つの古事記ゆかりの伝説のお話をしました。

 

 

 

 

 

 

 

次は、景行(けいこう)天皇や日本武尊(やまとたけるのみこと)が活躍した土蜘蛛伝説の残る都波只知上(つばきちがみ)神社なんですが、連日の荒天で足場が悪いため、残念ですが今日はバスの中からパネルを見ながらのお話しになりました。

 

少し前に写した都波只知上さんの写真です。鳥居から拝殿までの参道が適度に長くて、最後の階段がチョット急ですが、趣のあるいいお宮さんですよ。

そして今日最後の訪問地は、都波奈彌(つわなみ・つばなみ)神社 です。ここは垂仁(すいにん)天皇の御子で、口がきけなかった本牟智和気命(ほむちわけのみこと)の白鳥伝説の地です。

 

 

 

 

 

さあ、今回のスピリチュアル・バスツアー「古事記ゆかりの地と神社めぐり」の旅いかがでしたか? みなさん、雨の中お疲れさまでした。 地元の人にも知られていない河原町の古代浪漫が伝わりましたか!?  次回はきっといいお天気になることを信じて……春にまたお会いできるといいですね~♪

それでは、その日までお元気で・・・・・(*^▽^*)ノシシ (おっちー)